Crank Up

森の人を訪ねるには 森深く。

山の人を訪ねるには 険しい道を。

水辺の人を訪ねるには ぬかるんだ湿地へ。


届けるものは愛だったり言葉だったり 単なる挨拶だったり。

踏み入ることをしなければ 独り言だけで過ぎる日と同じ。

だから足下まで浸かりながら 深く険しく行く。


ともに見る夢は切なかったり 淡く目覚めた朝は痛んだり

森を彷徨い 山に囚われ 水に濡れては 

見上げた空に 朝の太陽

恵みの星と 銀色の慈雨


シナリオも最後の一行

風は止み 海は凪いだ


もう最終章 劇作家は満腹になり

食後酒のワインを口に運ぶ


ともに感じる痛みはもう シャルトリューズの泡に融けて

酔いの後味さえ 鳥が運んで行く


青空がひろがる

空虚(うつろ)な雲は 天空の セレスの扉を開示する



劇作家はロゼのグラスと 白い吐息と 日だまりの読書を好み

森に住むシャーマン 山深い社の巫女たち 海の人魚たちに 別れを告げた

今はもう 空想を止め 百合の微風を吸い込む。

白いベールの下は静かに 秘密を明かす微笑み。



今度はただ 待っている。訪ねてくる誰かを。


目を細めて 光が踊る 庭の木々の間に

色とりどりの 水精を見つめ

「ドラマはもう終わり。」そう呟いた。


劇作家のグラスに 薔薇色が満たされた時

クランクアップの鐘が鳴り セレスの扉が開かれた。



青野 芹






by shiroitubasa-wing | 2014-11-13 02:42 | spiritual poems


スピリチュアル・ポエム


by shiroitubasa-wing

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

カテゴリ

全体
spiritual poems
未分類

以前の記事

2014年 12月
2014年 11月

メモ帳

ライフログ

検索

その他のジャンル

最新の記事

Unconditional ..
at 2014-12-16 12:23
桃色粒子
at 2014-12-06 19:11
聖玻璃(せいはり)の丘
at 2014-11-13 03:37
白いカオス
at 2014-11-13 02:47
Crank Up
at 2014-11-13 02:42
青いカオス
at 2014-11-13 02:39
虚無の森は
at 2014-11-13 02:36
わたしは鏡
at 2014-11-13 02:29
Transitions
at 2014-11-13 02:23
虹色カオス
at 2014-11-13 02:16
ゲシュタルト・タント
at 2014-11-13 02:06
一息 ひといき
at 2014-11-13 02:01
私の子宮
at 2014-11-13 02:00
青い星
at 2014-11-13 01:58
淡い夜
at 2014-11-13 01:55
幻影 walker
at 2014-11-13 01:52

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

創作小説・詩
スピリチュアル

画像一覧